ジルスチュアート、ヘアメイクアーティスト加茂克也とヘッドドレス制作

写真拡大

 「JILLSTUART(ジル スチュアート)」が、グローバルな舞台で活躍するモッズ・ヘア所属のヘアメイクアーティスト加茂克也とコラボレーションし、ペーパークラフト製のヘッドドレスを制作した。ビジューやパールでできた目が妖しく光るネコの顔型をしたオペラマスク風のヘッドドレスや、リップ型ヘアクリップといった加茂のセンスが光るアートピースのようなアイテムが完成。9月14日から、渋谷本店などで順次販売される。

ジル×加茂克也ヘッドドレスの画像を拡大

 加茂克也による今回のコラボレーションは、「JILLSTUART」のアクセサリーに使用しているビジューやパールをインスピレーション源に、10種類のヘッドドレスを展開。価格帯は6,000円〜1万8,000円。9月14日に「JILLSTUART」の渋谷本店と新宿伊勢丹店、神戸店、仙台店で発売し、9月末にその他ジルスチュアート全国店舗で取り扱いをスタートする。また、9月14日には伊勢丹新宿店(14時30分〜)と渋谷本店(17時半〜)で発売記念イベントが予定されており、加茂による特別なデモンストレーションやコラボレーションの作成秘話などが語られる。

 加茂克也は、1988年からモッズ・ヘアのヘアメイクチームに所属。1996年より「JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS(ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン)」や「UNDERCOVER(アンダーカバー)」のパリコレクションに参加し、2008年には「FENDI(フェンディ)」と「CHANEL(シャネル)」のコレクションを手がけるなど国内外で活動している。昨年3月には自身初の展覧会「Preserved」を表参道で開催した他、今年11月2日から18日にはラフォーレミュージアム原宿で「加茂克也展'100 HEADPIECES' 〜世界のランウェイで異彩を放つ、日本人ヘアデザイナーの脳内世界」を開き、ファッションショーやシューティングといったこれまでに使用された100点以上のヘッドピースを一堂に展示する予定だ。ヘアー