瀧本美織と星野社長

写真拡大

[シネママニエラ]9月1日(現地時間)、第70回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門出品作の『風立ちぬ』の公式会見に引き続き、同日19時15分からはレッドカーペットアライバルと公式上映が行われ、スタジオジブリの星野康二社長と同作でヒロイン菜穂子の声を演じた瀧本美織が出席した。瀧本も公式イベント直前に宮崎監督の引退を知らされ、ヴェネチアでの上映と相まって大粒の涙を流していた。

この日、赤いドレスを選んだ滝本には「今日はカーペットに溶け込もう!」という思いがあったそうで、星野社長のエスコートでレッドカーペットに登場。公式上映会場のPalazzo del Cinema(パラッツォ・デル・チネマ)(約1,000席)では、映画の冒頭スタジオジブリのロゴマークが出た瞬間大きな拍手が! 荒井由実の主題歌「ひこうき雲」が流れると、場内では約5分にも及ぶスタンディングオベーションが起きていた。このことについて、瀧本は「エンドロールが始まるとお客様が立ち上がってずっと拍手をしてくれたので、感動しました」と振り返った。

翌朝の現地マスコミは、宮崎駿監督の突然の引退発表を受けて『風立ちぬ』は大きく取り扱われた。

こちらの『風立ちぬ』瀧本美織が初ヴェネチアに感涙、宮崎駿の引退宣言日伊で波及!続きはシネママニエラにて


英題=The Wind Rises
日本公開=2013年7月20日
配給=東宝
公式サイト=http://kazetachinu.jp/
c2013 二馬力・GNDHDDTK

南樹里のシネママニエラ