日経平均の日足チャート(6カ月)。緑が5日、赤が25日、青が75日の移動平均線(出所:株マップ)

写真拡大

 東京株式市場は、9月に入りガラッと景色が変わりました。2日、3日の大幅続伸をもって、7月19日の1万4953.29円をピークにした調整は8月28日の1万3188.14円で終了したとみてよさそうです。

 3日前場の日経平均終値は1万3917.64円です。前場の始値は13748.68円、高値は1万3962.93円、安値は1万3748.68円です。この段階で、2日と3日とで、1万3613.48円〜1万3748.68円の窓を空けました。

 また、3日前場段階では、抵抗と目された25日移動平均線(3日前場現在1万3725.81円)、26週移動平均線(同1万3667.29円)、13週移動平均線(同1万3832.96円)などを、ことごとくブレイクしました。

シリア問題、中国景気の減速懸念が和らいだ

 3日前場に日経平均が大幅続伸した主因は為替市場での円安・ドル高です。オバマ米大統領が8月31日午後(日本時間1日未明)、「シリアに対し軍事行動を取るべきだと決断した」と表明すると同時に、軍事介入の承認を議会に要請する考えを明らかにしました。このため、シリア問題の緊迫感が和らぎました。

 さらに、8月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が51.0と7月から改善し、中国景気の減速懸念が和らいだことで投資家心理が改善しました。この結果、投資家のリスク回避姿勢が和らぎ、円売り・ドル買いの流れが加速したのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)