写真提供:マイナビニュース

写真拡大

秦野たばこ祭実行委員会は28日・29日、「第66回 秦野たばこ祭」を開催する。

○「火」をイメージした様々なイベントを実施

同イベントは、神奈川県秦野市発展の礎となった「たばこ耕作」に携わった先人たちの情熱を「火」にたとえ、催される祭り。昭和23年、たばこ耕作者への慰労と、たばこの増産と沈滞した地域の活性化を目的に企画された行事の一部として始まったという。

昭和30年1月1日、2町2村合併により秦野市が誕生し、第9回(昭和31年)には、現在も行われている「弘法の火祭」が登場。昭和60年代に入り、たばこ耕作の終了後には、たばこ祭のテーマを「たばこ」と縁のある「火」とし、その「火」をイメージした、祭を盛り上げる様々なイベントが企画され現在に至っている。

9月28日は、「開会式(開会宣言)」に続き、「たばこ祭オープニングパレード・交通安全防犯パレード」「ドキドキ!プリキュア ショー」「ソングリーディングショー&ショートクリニック」「ジャンボ火起こし綱引きコンテスト」「青森ねぶた」「神輿パレード」「阿波踊り」「火鳥風月」などを開催。「青森ねぶた」は、秦野橋とまほろば大橋の間を往復する、同イベントの人気行事の1つとなる。

翌29日には、「日立ビッグハードオーケストラコンサート」「獣電戦隊キュウリュウジャー ショー」「たばこ音頭千人パレード」「姉妹都市競演(ラッパ隊と和太鼓)」「はだのよさこい踊り」「たばこ祭『絆』テージ」「らんたん巡行」「弘法の火祭」「仕掛花火・打上花火」を行う。

また、両日行われるイベントとしては、「秦野たばこ資料展」「にぎわい街めぐり(商店会等スタンプラリー)」「たばこミュージックフェスタ」」「青空市場」「まほろばショー」「こども広場」「かなテク!見テク!体験しテク!」などを予定している。

開催日は、9月28日・29日。会場は、神奈川県秦野市・本町小学校校庭/秦野市役所/JAさわやか館駐車場/横浜銀行駐車場/本町公民館/県立西部総合職業技術校。その他、詳細は同イベントWebサイトにて確認できる。

(エボル)