DIESEL 水原希子ら18名の″現代のニューヒーロー″を最新広告起用

写真拡大

 「DIESEL(ディーゼル)」が、アーティスティック・ディレクター ニコラ・フォルミケッティによる2013年秋冬広告キャンペーンを公開した。モデル・女優として活躍する水原希子をはじめ、「DIESEL」のDNAを体現している総勢18名を起用。ニコラ・フォルミケッティによる最新プロジェクト「#DIESELREBOOT(ディーゼル・リブート)」に基づき製作された。

ディーゼル最新広告に水原希子の画像を拡大

 ニコラ・フォルミケッティが「現代のニューヒーローをフィーチャーすることが今回のキャンペーンのコンセプト。」という広告キャンペーンには、水原希子の他、ニューヨーク・ブロンクスのストリートで活動しているピンクヘアーのグラフィティ・アーティスト ミッシェル・カルデロン、エレクトロハウス・ミュージックのDJ ボブ・リフォ、五輪出場経験のある女子競泳選手 ケイシー・レグラーなどを演出。広告では、「DIESEL」を象徴するデニムやレザーをニコラが特別にカスタマイズし、それぞれのキャストがスタイリング。ファッションフォトグラファーとして活躍しているイネス・ヴァン・ ラムズウィールドとヴィノード・マタディンのデュオによって撮影された。

 ニコラは最新広告について、「#DIESELREBOOTのクリエイティブ・コミュニティに属する人それぞれの美を強調したかった。美の強調と言っても、目を向けたのはファッションよりも、個人の内面なんだ。」とコメント。「ディーゼル、再起動」と名付けられたプロジェクト「#DIESELREBOOT」は、Tumblrを中心に展開され、これまでにニューヨーク・タイムズの紙面やベネチア国際映画祭期間の水上バスなどで、選ばれたアートワークを掲出している。