<FedExCupポイントランキング>
 FedExCupプレーオフシリーズ第2戦「ドイツ銀行選手権」終了時の、FedExCupポイントランキングは同大会を制したヘンリック・ステンソン(スウェーデン)がタイガー・ウッズ(米国)をかわして首位に浮上。全英オープン2位、WGC-ブリヂストン招待2位タイ、全米プロ3位など好調を維持してきた実力者が初の年間王者へ最高の位置につけた。
 プレーオフシリーズ第3戦「BMW選手権」にはランキング上位70名が出場。アーニー・エルス(南アフリカ)、べ・サンムン(韓国)らはギリギリで次戦進出を決めている。
【FedExCupポイントランキング】
1位:ヘンリック・ステンソン(4,051pt)
2位:タイガー・ウッズ(4,037pt)
3位:アダム・スコット(3,917pt)
4位:マット・クーチャー(3,103pt)
5位:グラハム・デラート(2,806pt)
6位:フィル・ミケルソン(2,762pt)
7位:ジャスティン・ローズ(2,664pt)
8位:スティーブ・ストリッカー(2,617pt)
9位:ブラント・スネデカー(2,326pt)
10位:ジョーダン・スピース(2,246pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>