三谷幸喜の新作が低迷フジ救う?

ざっくり言うと

  • 11月に公開される三谷幸喜監督「清洲会議」が、フジテレビの社運を握るという
  • 今年フジ制作の邦画は当たっているようにみえるが、昨年の興収にはほど遠い
  • 三谷作品は、年齢世代を問わず多くの観客動員が期待できる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング