愛息、カール君と勝利を喜ぶステンソン(Photo by Jared Wickerham/Getty Images)

写真拡大

<ドイツ銀行選手権 最終日◇2日◇TPCボストン(7,214ヤード・パー71)>
 FedExカッププレーオフシリーズ第2戦「ドイツ銀行選手権」の最終日。首位と2打差の単独2位から出たヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が6バーディ・1ボギーの“66”をマーク。スコアを5つ伸ばし、トータル22アンダーで逆転優勝。ステンソンは今季2位が3回と好調ながら勝ちきれなかったが、バーディ合戦を制し待望の今季初勝利。米ツアー通算3勝目を挙げた。
「ドイツ銀行選手権」のリーダーズボード
 2打差の2位にはベテランのスティーブ・ストリッカー(米国)、4打差の3位にはグラハム・デラート(カナダ)が入った。首位から出たセルヒオ・ガルシア(スペイン)は序盤からボギーを叩くと、そのまま盛り返せずスコアを2つ落としトータル17アンダー、4位タイに終わった。
 タイガー・ウッズは2バーディ・4ボギーの“73”でラウンド。最終日も伸ばせず、2つスコアを後退させトータル4アンダーの65位タイで競技を終えた。
【最終結果】
優勝:ヘンリック・ステンソン(-22)
2位:スティーブ・ストリッカー(-20)
3位:グラハム・デラート(-18)
4位T:ジョーダン・スピース(-17)
4位T:マット・クーチャー(-17)
4位T:ケビン・スタドラー(-17)
4位T:セルヒオ・ガルシア(-17)
8位:ブライアン・デービス(-16)
9位T:ジェイソン・ダフナー(-15)他3名
41位T:フィル・ミケルソン(-8)他5名
53位T:アダム・スコット(-6)他8名
65位T:タイガー・ウッズ(-4)他2名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
ヘンリック・ステンソンの今季成績&プロフィール