写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都府中市の大國魂神社は27日・28日、「秋季祭・くり祭」を開催する。

○幽玄な約260本の行灯が境内に灯る

同イベントは、元文2年9月28日(1738)の武蔵総社六所宮御太々神楽創立を起源とするお祭り。途中、一時中断されていた時期もあったが再興され、現在まで引き続き行われている。

同祭の特徴である奉納行灯は、大正14年から太々神楽講員の奉納により始められた。別名「栗祭」と称されるのは、武蔵野の大地が栗の発育に適していたと共に保存食として重要視され、さらに上質の栗が採れることから徳川家に栗を献納するようになり、栗の採取する時期と太々神楽の時期があいまり、やがて「栗祭」と呼ばれるようになった。

例年27日が宵祭、28日が本祭で、期間中は境内に約260本の行灯を灯す。夕闇迫る頃の境内は幽玄そのものという。当初、行灯は市内の子供たちに奉納画を描いてもらっていたが、 現在は府中市文化団体連絡協議会の会員による奉納画となっている。また当日は、栗をはじめとする多くの露店でにぎわう。

開催日時は、奉納行灯掲出が9月27日・28日 9時〜21時(境内)。ただし雨天の場合には、翌土・日曜に行灯掲出となる。会場は、大國魂神社(東京都府中市宮町3-1)。その他、詳細は同神社Webサイトを参照のこと。

(エボル)