大人になってもドキドキ!甘酸っぱい幼馴染との恋愛映画5選

写真拡大

最近にわかに盛り上がっている幼馴染との恋。

赤ちゃんの頃からずっと一緒、小学校のときから片思いなど、幼馴染との恋は純愛エキスがたっぷり。

純粋ゆえに傷つきやすいので、告白したり、お付き合いしたりするのに慎重になるわけです。

「みんなどうやってくっついているの?」というわけで、幼馴染との恋愛映画を見てみましょう!

幼馴染の恋はどう始まる?胸キュン恋愛映画

●その1:『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

老人として生まれ、どんどん若返るという逆回転の人生を歩む主人公の物語。

老人と少女として出逢ったけれど、彼女は成長し、彼は若返り、大人同士で再会して恋に落ちる……。

幼馴染映画としては変化球だけれど、美しく成長した彼女を前にとまどう主人公の気持ちは、まさにザ・幼馴染映画。

少年になってゆく彼を母のような愛で包むヒロインの情の深さも、以前からよく知る相手だからこそ。
幼馴染との愛は“母性”で攻めるのもありですね。

●その2:『大いなる遺産』

資産家の娘の幼馴染の主人公が画家として成功し、成長した娘と恋に落ちる物語。
この幼馴染がなかなかの悪女。自分に気がある主人公に迫ってその気にさせて「じゃあね」と去っていくのです。

それでも彼が彼女を忘れられないのは、幼少時代を共に過ごした思い出を忘れられないから。男の方が過去を引きずりますからね。

ヒロインの手練手管を参考に、楽しい思い出話をしつつ「本当は好きだったの」と、手を握ればイチコロかもしれませんよ。

●その3:『スラムドッグ$ミリオネア』

インドのスラム街で育った青年がクイズ番組をきっかけに幼馴染の女性を探そうとする物語。

幼馴染の女性との十数年ぶりの再会は、昔から知っているとはいえ、男女が改めて出逢うという感じになります。「大人になった」「綺麗になった」という新鮮な気持ちを抱いた二人が恋心を抱くのは当然といえば当然。

幼馴染と再会し「素敵!」と感じたら、思い切り「かっこよくなったね!」と褒め称えましょう。
この映画の二人のように、そこからお付き合いに発展する場合もあり!

●その4:『ヤング・アダルト』

アラフォーのヒロインが学生時代の元カレの愛を取り戻そうとイタイ行動を繰り返す物語。
学生時代の彼なのでルックスの変化はそれほどないけど、要は精神的な成長の問題。ヒロインはアラフォーながら、まだ気分は高校生。
「イケてるアタシ」を演出し、元カレをドン引きさせます。

これでは幼馴染との復活愛の可能性は1ミリもなし!
恋を再熱させるには、かつての自分よりもっと魅力的にならないと。彼女の行動は反面教師として学べる要素たっぷりです。

●その5:『オペラ座の怪人』

幼馴染の愛をオペラ座の怪人が引き裂こうとするサスペンス。バレエダンサーのヒロインが舞台の主役に大抜擢されたことをきっかけに幼馴染と再会。

しかし、怪人に誘拐されてしまい、ヒロインの不幸が幼馴染の愛情に火をつけるのです。

男はどこかで「いいところを見せたい」という思いがあるから、不幸によって友情が愛情にかわることはあるはず。

「相談があるの」と、その心理を上手に刺激することで、幼馴染との仲が急接近することはありえます。

幼いころからの恋には変化が欠かせない

幼馴染との恋は、幼い頃のルックスからどれだけ変化したかが重要です。

「昔はかわいかったのに……」という現実だと恋は生まれないけれど、見違えるほど素敵になっていると、新たに一目惚れするように恋に落ちるでしょう。

いくらよく知る幼馴染でも恋にはフレッシュな気持ちが必要。自分磨きを怠らないようにしましょうね。

Written by 高橋なたりー
Photo by BMiz