(株)LIXILでは、銀座通りの京橋三丁目交差点にある「LIXIL:GINZA」を改装し、住生活文化をめぐるLIXILの情報発信拠点として、9月2日(月)にオープンした。
「LIXIL:GINZA」は、1981年に伊奈製陶(後のINAX)の東京ショールームとしてオープンする際、2階に文化活動の拠点となる「伊奈ギャラリー」を開設、以降32年間展開してきたが、今回併設していたショールームの閉館に伴いリニューアル、文化活動を中心とした情報発信拠点としてスタートする運びとなった。
新「LIXIL:GINZA」は1階・2階のフロア構成でで、2階は従来のギャラリースペースとし、生活文化の多様な豊かさを今に生かしていくための巡回企画展や、アーティストの斬新で先鋭的な表現を紹介する。そして1階では、新しくレセプションフロアとして、LIXIL商材による空間展示や、映像や資料によるLIXILの活動を紹介するスペースを設ける。また併設する「LIXILブックギャラリー」では、建築・インテリア・デザインを中心とした書籍のほか、ギャラリーの展示内容に沿った書籍などを販売する。