レッド ヴァレンティノのおとぎ話 ティム・ウォーカーが広告撮影

写真拡大

 「RED Valentino(レッド ヴァレンティノ)」の最新広告ヴィジュアルが公開された。グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」をコレクションテーマとする2013-14年秋冬の幻想的な世界観を、フォトグラファーTim Walker(ティム・ウォーカー)が撮影した。

レッド ヴァレンティノ最新広告の画像を拡大

 2013-14年秋冬広告キャンペーンで「RED Valentino」は、おとぎ話を通じて「気まぐれで無邪気な夢想家」のヒロインが垣間見る世界を表現。イタリアのアートディレクターエージェンシーREMのディレクションのもと、美しくも不吉な森の中を散歩するヒロインをスウェーデンのモデルHedvig Palm(ヘドヴィグ・パルム)が演じた。ショートパンツとコンパクトなケープ、グレーテルのリボンとヘンゼルのフランネル、小さめのセーターと大柄チェックをそれぞれ組み合せたスタイルが登場し、レース編みのソックスがマストアイテムとして使用されている。