写真提供:マイナビニュース

写真拡大

変わらぬ風景にホッとしたり、感動したり、活力を取り戻したりすることありますよね。いつまでもずっと残しておきたいと思う日本の風景について、日本に住む20人の外国人に聞いてみました。

■富士山(ミャンマー/30代前半/女性)

■日本の自然、富士山、山等(スウェーデン/40代前半/女性)

まずは世界文化遺産に登録された富士山。日本一の高さと、平野に突如としてそびえるその姿は外国人にも強い印象を残しているようです。

■宮島の門(スペイン/ 30代前半/男性)

■広島の近くにある宮島です(トルコ/30代後半/男性)

日本三景のひとつである広島県の安芸の宮島。こちらも世界文化遺産なので、訪れる外国人が多いのでしょうね。厳島神社の朱塗りの大鳥居と濃紺の海のコントラストに魅了される人多数!

■緑がきれいな山々。エジプトの山は緑色でないので(エジプト/40代前半/男性)

モーゼが神から十戒を授かった場所とされるエジプトの代表的な山「シナイ山」を筆頭に、エジプトの山々は樹木などはほとんど生えておらず、茶色です。緑に覆われた日本の山は新鮮に映るのでしょう。

■桜の満開時の風景です(インドネシア/40代前半/女性)

■花見(台湾/40代前半/男性)

日本人だけでなく外国人の心もわしづかみにする満開の桜! その桜の元で宴会をする日本人も含め、残しておきたい風景なんですね。

■桜、神社、お寺ですね。本当に日本の美を感じることのできる最高のものです(フランス/20代後半/女性)

桜に合うのは酔っ払いではなく、神社やお寺という正統派な回答も。この組み合わせは確かに最高です!

■春の桜風景や秋の紅葉風景(イラン/20代後半/女性)

■桜の道や紅葉の道などです(イタリア/30代前半/男性)

桜と並んで好評の秋の紅葉。紅葉の名所で外国人の姿を見かけることも多いですね。

■以前住んでいた沖縄の国際通り。又は町田(東京)の学生街の風景(オランダ/30代前半/男性)

様々な商店が軒を連ねながらも、どこかのんびりした国際通り。そして多くの大学の校舎がある町田の通り。身近な街で人が行き交う風景を眺めるというのもまたいいものです。

■多摩川の川沿いの散歩道です(ロシア/20代後半/女性)

水辺の散歩道、ステキですね。こういう何げない日常の風景が一番心に残っていたりしますよね。次は少し違った視点からの回答です。

■和食です。最近みんな洋食の方がたくさん食べて和食の方が減ってしまう。和食が身体にいいのに(タイ/30代前半/女性)

■自然に赤ちゃんを産むこと。ヨーロッパやアメリカのように無痛で産むのはやはりよくない。自然にそして、母乳で育てる日本の考えは大好き。マリみたい(マリ/30代前半/男性)

こちらは風景というより、残したい日本の生活スタイルということなんでしょうね。欧米では母乳育児が少ないとのことですが、これには社会構造の違いが関係しています。出産後早い段階で仕事に復帰する女性が多い欧米社会では、母乳にこだわっていられません。

他には下記のような回答がありました。

■青空ですね(中国/20代後半/女性)

■田園風景や竹林など(ドイツ/30代後半/男性)

■森林と静かな村、小さな町(アメリカ/30代後半/男性)

自然や歴史的建造物、そして日本人の暮らしまで、様々な回答がありました。みなさんももしかしたら知らないうちに、外国の方の残しておきたい日本の風景にエキストラ出演しているかもしれませんね。

(カジハマトモコ)