島耕作モデルのシャツとネクタイ 東京シャツが発売

写真拡大

 漫画「課長 島耕作」をモデルにしたシャツとネクタイを、設立65周年を迎えた東京シャツが制作した。多忙なビジネスマンのことを考慮してシャツには形態安定加工が施され、現在全国の各店舗とECサイトで販売開始。9月5日発売の漫画雑誌「モーニング」には、東京シャツのアイテムを着用した「課長 島耕作」が登場する。

島耕作モデルのシャツ発売の画像を拡大

 今回のコラボは、同社のものづくりに対する想いと「島耕作」という情熱あるキャラクターの生き方が重なるという理由から企画されたという。アイテムはアイロン掛けが不要な「島耕作」モデルシャツ11型が3,990円、「島耕作」の恋人「大町久美子」をイメージしたシャツ8型が3,465円(綿ポリ)と4,410円(綿100%)、そして全16柄で展開されるネクタイが1,995円で販売されている。

 東京シャツは、1949年に創業したシャツメーカー。1996年にはアパレル企業として国内でいち早くSPAに取り組み、現在は「BRICK HOUSE(ブリックハウス)」や「シャツ工房」といったシャツ専門店チェーン約200店舗を展開している。

ECサイト:http://shop.e-shirt.jp/