写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ユニクロは、2014年春にドイツに出店する。ドイツ初のユニクロの店舗は、ベルリンでファッションブランドのショッピングエリア内タウエンツィーンストラース地区にオープンする予定。

○英・仏・露に続く欧州店舗

同社は2013年7月末現在、世界に1,283店舗を展開している。欧州では、2001年にイギリス、2007年にフランス、2010年にロシアに出店、現在3カ国計15店舗を出店している。このほどオープンする「ユニクロ タウエンツィーンストラース店(仮称)」はグローバル旗艦店という位置づけで、メッセージを積極的に発信。ブランド認知の向上を図る。同店の売り場は地下1階〜地上2階の3層で、売り場面積は約800坪の予定。

ユニクロ欧州事業のCEO ベーント・ハウプトコーン(ファーストリテイリング グループ執行役員)は、「ユニクロは、日本発のグローバルブランドとして、欧州でチャレンジし続けてきた。ロンドン、パリ、モスクワに続き、ドイツでも多くのお客様に受け入れられ、末永く愛されるようなブランドを目指す」と述べた。

今回の出店で、同社は数百名の新規採用を予定する。また今後は、スペインのバルセロナやイタリアのミラノなど欧州の主要都市での出店を検討している。

(フォルサ)