短時間労働で結果を出す方法

ざっくり言うと

  • 「未来工業」では16時15分までを勤務時間とし、17時には大半の社員が退勤する
  • 「5分単位でムダを削る」ことを、同社代表・山田氏は提案している
  • また、反常識的なワークスタイルの数々が著書に述べられている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング