点検・整備促進のマスコット「てんけんくん」

写真拡大

自動車の部品は、日々の走行や時間の経過で摩耗・劣化していくため、整備を怠ると重大な事故につながる可能性がある。日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、自動車の適切な点検・整備を促し、事故の防止を図ろうと「マイカー点検キャンペーン」を2013年9月1日から10月31日まで実施する。

タイヤ交換、バッテリあがりへの対応も

日整連では毎年9月〜10月の2か月間、同キャンペーンを行っている。自動車の構造や、点検・整備についての知識と理解を広めるため1986年にスタートして今年で27回目。今回のスローガンは「大丈夫! 済ませてあるよ マイカー点検」だ。

キャンペーンの一環として、無料の「マイカー点検教室」を全国各地で開催。自分でできる日常点検のやり方やトラブル対処法を、実車などを使ってわかりやすく説明する。当日配布されるマイカーハンドブックを教材として使い、タイヤ交換、バッテリあがりへの対応、発煙筒の使用方法を学べるほか、「自動車のしくみと作動」、「定期的な点検・整備の必要性と種類」、「日常点検整備の概要及び実施方法」についての説明もある。

「マイカー点検教室」の開催地などの詳細は、日整連ウェブサイトのキャンペーンページに掲載している。