<セーフウェイ・クラシック 最終日◇1日◇コロンビア・エッジウォーター(6,465ヤード・パー72)>
 米国女子ツアー「セーフウェイ・クラシック」の最終日。トータル15アンダーの2位タイからスタートしたスーザン・ペターセン(ノルウェー)がこの日5つスコアを伸ばし、トータル20アンダーで逆転優勝を果たした。
 単独首位からスタートしたヤニ・ツェン(台湾)は6つスコアを落とす乱調でトータル12アンダーの9位タイに終わった。トータル18アンダー2位にステイシー・ルイス(米国)、3位にはトータル17アンダーのリゼッテ・サラス(米国)が入っている。
 日本勢は47位タイからスタートした宮里藍が5バーディ・ノーボギーの“67”をマークして、トータル11アンダーの15位タイでフィニッシュ。ディフェンディングチャンピオンの宮里美香も最終日に4つスコアを伸ばしトータル6アンダーの44位タイで競技を終えた。上田桃子、有村智恵はトータル1アンダーの64位タイとなっている。
【最終結果】
優勝:スーザン・ペターセン(-20)
2位:ステイシー・ルイス(-18)
3位:リゼッテ・サラス(-17)
4位:クリスティ・カー(-16)
5位:キャロライン・マッソン(-15)
6位T:ゲリナ・ピラー(-14)
6位T:サンドラ・ガル(-14)
8位:カリー・ウェブ(-13)
9位T:ヤニ・ツェン(-12)他5名
15位T:宮里藍(-11)他7名
44位T:宮里美香(-6)他5名
64位T:上田桃子(-1)
64位T:有村智恵(-1)他4名
<ゴルフ情報ALBA.Net>