●玉ねぎたまたま 文化の祭り?

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©2013 ファンタジスタドールプロジェクト/FD製作委員会

<キャスト>
鵜野うずめ:大橋彩香
ささら:津田美波
カティア:徳井青空
しめじ:赤千夏
小明(あかり):長谷川明子
マドレーヌ:大原さやか
羽月まない:上坂すみれ
戸取かがみ:三澤紗千香
クノイチくう:大亀あすか
清正小町:名塚佳織
鵜野みこ:山岡ゆり
鵜野みこと:倉田雅世
三笠凛人:津久井教生
ラフレシアの君:保志総一朗
リン:池澤春菜
トゥネ、岡崎れいか:本多真梨子
ゆがけ:長妻樹里
すずり、うきわ:小岩井ことり
ポンポン:原嶋あかり
アロエ:南里侑香
チャンパ:照井春佳
バジル:大亀あすか
吉良一成:松岡禎丞
瑠々川みいな:潘めぐみ
オフィーリア:牧野由依
アンヌ:明坂聡美
藤玖 純:花江夏樹

●ストーリー
「天翔ける星の輝きよ。時を越える水晶の煌めきよ。今こそ無限星霜の摂理にもとづいて、その正しき姿をここに現せ!」

鵜野うずめは勉強も運動もそこそこのごく平凡な中学2年生。だがある日、彼女の運命は大きく変わってしまう。特殊な能力を持つ女の子・ファンタジスタドールを実体化できる不思議なカードを手に入れてしまったのだ。

うずめはカードマスターとなり、5人の個性的なドールたちと契約。街を、いや世界を救うための戦いを始める……“どうしよう、私には無理”とあわてるけれども、うずめはもはや逃れられない。

さまざまな武器やコスチューム、特殊イベントのカードを組み合わせて戦っていかねばならない。しかもドールたちは、次々と、可愛い要求をつきつけてくる。うずめは世界を守れるのか!? いや自分自身を守れるのか!?
●聖悠祭
今日は中学校の文化祭。鵜野うずめのカード部はカレーを作る事に!

ちなみにラフレシアの君と三笠 凛人は鵜野うずめを希望相互扶助委員会から守ろうとするも、バードウォッチング顧問として雀の餌やりで大忙し!

そして希望相互扶助委員会からの刺客として、読者モデルのドールマスターであるリン。

リン「ちゃ、リーン!」

※相変わらず突っ込み所満載なマジキチアニメです!
●鵜野みこがやってきた!
カード部はかなり地味のため、集客はいまいち。

鵜野みこ「うずめちゃん、きてあげたよ。」

あまりに暇なので鵜野みことカティアはお化け屋敷に遊びに行く事に!

リン「ちゃ、リーン!リンちゃんでーす!鵜野うずめさんはいるかな?」

リンは適当に教室に入るも、何とそこは、

BL喫茶!

※店員・客共に男性ばかり!ということは、「ウホッ!いい男…」で「やらないか」という展開にハッテンでしょうか!
●映画鑑賞
ちなみに清正小町も読者モデルでランキング1位、リンは2位なのでリンは逆恨みしている様子。

その清正小町と共に映画研究部の映画を鑑賞する鵜野うずめですが…。

鵜野うずめ「あれっ、ここ!?」

その撮影場所は川越にあるささらが生まれた研究所、鵜野うずめのみ食い入るように視聴しますが、大多数の感想として映画の評判は芳しくないようです。

ちなみに先程の映画を制作した藤玖 純は希望相互扶助委員会に映画集客の願いを叶えてもらうために…。

なお、学校裏に鵜野うずめを呼び寄せようとしたリン、彼女はキョンシー風ドールを用いるも、戸取かがみによって瞬時に撃退される!
●感動?の涙!
藤玖 純と鵜野うずめの戦い。藤玖 純のドールは映画に因んだ攻撃を仕掛け、苦戦を強いられるも、

鵜野うずめのドール達、

オニオンスライスショー!

何と玉ねぎを切り刻んで涙を流させるというしょうもない感動的な荒業で勝利!

結局、藤玖 純の映画をまともに鑑賞していたのは鵜野みこただ1人。しかし、

鵜野みこ「面白いかった!」

藤玖 純は彼女の一言で感動し、涙を流します。

毎回、感動というより別の意味で涙が出てくる「ファンタジスタドール」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「ファンタジスタドール」第7話「ガールズ&パンツァー」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ファンタジスタドール」第6話「ドールになりきるマスター!?」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ファンタジスタドール」第5話「おかし大作戦」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ファンタジスタドール」第4話「しめじとアロエのマスター観」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ファンタジスタドール」第3話「マドレーヌはおせっかい?」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「ファンタジスタドール」TVアニメ公式Webサイト
「ファンタジスタドール」AT-X公式Webサイト