祭りや縁日で出される夜店の一番の楽しみは、なんといっても屋台で売られる食べ物である。ついつい財布の紐も緩みがち。そんな消費者心理をくすぐる夜店の商品の「原価」はいかほどか? ここでは定番中の定番、「イカ焼き」の秘密を調べてみた。

 店先の香ばしい匂いに釣られて、ついつい買ったイカの姿焼き。しかしよくよく見ると、「あれ、このイカ、ゲソ(足)がないな」と気づくことがある。

 こうした場合、多くが巨大なイカを「イカ型」に切って焼いたものなのだという。夜店の屋台に食料品を納品する卸業者が明かす。

「材料はペルー沖など南米で捕れる、オオアカイカという巨大イカです。体長約1〜2メートルと大きく、これをイカ型に加工することで1杯からイカ焼きをいくつも作ることができる。

 酸味や塩気が強いので普通に食べればあまり美味しくないが、イカ焼きなら甘く煮詰めたタレでごまかせます」

 原価も激安だ。前出の卸業者が続ける。

「中国で加工されたイカの2キロカットが、800〜1000円。イカの姿に切ったり、細長く切って串焼きにしたりした場合、タレを含めても材料費の原価は15〜20円程度です」

 これが夜店では300〜400円で売られている。屋台設備や機械、人件費など別のコストはかかるものの、利益率がいいのは間違いない。

※週刊ポスト2013年9月6日号