リンゴの自然な色合いと鮮やかなロゼ色が特長

写真拡大

アサヒビールは、リンゴ100%のスパークリングワイン『ニッカ シードル・ロゼ』を、2013年9月3日から14年3月末までの期間限定で、全国に向けて発売する。製造は、ニッカウヰスキー弘前工場(青森県弘前市)で行う。

細かい泡にフルーティーな香り

『ニッカ シードル・ロゼ』は、糖分・香料・着色料を一切加えておらず、リンゴ果皮の自然な色合いを活かした鮮やかなロゼ色が特長のスパークリングワインだ。自然ですっきりとした甘さと、華やかなでフルーティな香り、きめ細やかな泡が特長。

 

1995年から、リンゴが収穫される秋からクリスマスなどパーティが多いシーズンである冬にかけての限定商品として販売している。北海道地区では通年販売をしている。

参考価格は、200ミリリットル(ml)が213円、720mlが705円(いずれも瓶)。