関西OP2位、KBC優勝と後半戦最高のスタートを切ったパク(撮影:上山敬太)

写真拡大

<国内男子賞金ランキング>
 国内男子ツアー「VanaH杯KBCオーガスタ」終了時の賞金ランキングが発表され、同大会でツアー初優勝を達成したS・J・パク(韓国)が3位に浮上した。なお、大会は54ホールの短縮競技となったため賞金ランクへの加算は75%となる。
S・J・パク、仲間たちとの絆でつかんだツアー初優勝
 1位はフジサンケイクラシックからツアーに復帰予定の松山英樹が独走、2試合連続でトップ10フィニッシュを決めるなど後半戦に入って調子が上向いている池田勇太は41位となっている。
【国内男子賞金ランキング】
1位:松山英樹(129,947,448円)※
2位:小平智(47,000,295円)
3位:S・J・パク(45,600,916円)
4位:金亨成(45,023,687円)
5位:ブレンダン・ジョーンズ(34,683,366円)
6位:薗田峻輔(30,642,714円)
7位:S・K・ホ(29,498,788円)
8位:塚田好宣(29,162,551円)
9位:松村道央(28,454,542円)
10位:片山晋呉(27,548,672円)※
41位:池田勇太(10,236,700円)
※海外賞金を含む

<ゴルフ情報ALBA.Net>