ここ数試合上位フィニッシュの池田勇太!後半戦の巻き返しに期待!(撮影:上山敬太)

写真拡大

<VanaH杯KBCオーガスタ 最終日◇1日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,150ヤード・パー72)>
 昨日の第2ラウンドで猛チャージをかけ7位タイに浮上した池田勇太。しかし、最終日はさらなる追い上げを見せることができず、スコアを2つ伸ばしたもののトータル8アンダー6位で競技を終えた。
勇太、「弾きがいい」新ドライバー投入で後半戦巻き返しへ
 序盤からスコアを伸ばしたかったところだが、2番、4番とボギーが先行。このまま沈むかと思われたが、5番では下り約5メートルのバーディパットを決めガッツポーズ。その後は前半で2つのバーディを奪い、追い上げ体勢に入ったが後半では1つしかスコアを伸ばせず優勝には手が届かなかった。この日はティショットがラフによくつかまり、「雨でラフがしんどかった」と水を吸って重くなったラフにリカバリーも上手くいかず、「バーディチャンスにつかなかったし、パットも決まらなかった」と思うようにプレーができなかった。
 それでも12番パー3でアゴの高いバンカーからチップインバーディしそうになったり、最終18番パー5では2オンに成功、イーグルチャンスにつけるなど見せ場も作った。結局、イーグルは奪えなかったが、雨の中来場したギャラリーを最後まで盛り上げた。
 「来週以降しっかりバーディを重ねていって、ね」。選手会長になって待望の初勝利は今回はおあずけ。このモヤモヤした気持ちは来週以降、バーディラッシュで晴らせてみせる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
勇太、1打差2位!アマ首位も気にせず「スコアを伸ばしていくだけ」
藤本佳則、優勝逃がすも「後半戦に弾みがつく」
LIVEPHOTOで「ニトリレディス」をチェック!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング