先輩たちに励まされツアー初優勝を挙げたS・J・パク(撮影:上山敬太)

写真拡大

<VanaH杯KBCオーガスタ 最終日◇1日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,150ヤード・パー72)>
 悪天候により54ホールの短縮競技となった国内男子ツアー「VanaH杯KBCオーガスタ」の最終日。初日から首位を走っていた韓国の27歳、S・J・パクがこの日4バーディ・1ボギーの69をマーク。スコアを3つ伸ばしトータル12アンダーで、国内ツアー参戦4年目にして嬉しい初優勝を挙げた。
天候回復せず第2Rサスペンデットが決定「KBCオーガスタ」
 パクは先週の「関西オープン」では2位と今季好調。この大会の昨年覇者、キム・ヒョンソンら韓国人の先輩プロから“あとちょっとガマンして、忍耐強くゴルフをしろ。そうすれば勝てるから”と励まされていた。この日も先輩たちの言葉を胸に雨の中「他の選手を気にせず、自分のプレーに集中しよう」と辛抱強くプレー。前半からスコアを伸ばし首位に立つと、終盤いくつかピンチを迎えるたが、ボギーを17番パー3の1つだけにとどめ後続を振り切った。
 「ヒョンソン先輩と同じ大会に勝てて嬉しい」と白い歯を見せたパク。「お互いを高めあえる仲間なんです」、ヒョンソン、ハン・リーたちとは練習ラウンドなどを常に共にし、アドバイスをもらっているという。その強い絆に支えられての初勝利だった。
 「将来の夢は米国ツアーに出て、優勝をすること」、いずれは日本ツアーから世界に旅立つ意向だ。なお、国内女子ツアーでは同じ韓国のアン・ソンジュ(韓国)が2週連続優勝。男子では先週はブラッド・ケネディ(オーストラリア)が優勝とここ2週間国内ツアーは海外選手の活躍が目立っている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
藤本佳則が首位タイに浮上!最終日が「非常に楽しみ」
“女王”アン・ソンジュ完全復活!史上初、大会連覇&2週連続Vを達成!
「ドイツ銀行選手権」のリーダーズボードはここから
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング