<ドイツ銀行選手権 2日目◇31日◇TPCボストン(7,214ヤード・パー71)>
 FedExカッププレーオフシリーズ第2戦「ドイツ銀行選手権」の2日目。初日6アンダー4位タイにつけたスペインのセルヒオ・ガルシアが7つスコアを伸ばし、通算13アンダーで単独首位に躍り出た。この日ガルシアは序盤から順調にバーディを重ね13番までに7つのバーディを量産。14番でダブルボギーをたたくも、最終18番パー5でイーグルを奪いホールアウト。トータル1イーグル・7バーディ・1ボギーの“64”。2位に1打差をつけ決勝ラウンドに駒を進めた。
「ドイツ銀行選手権」のリーダーズボードはここから!
 1打差の通算12アンダー2位タイにはガルシアと同じ4位タイからスタートしたロベルト・カストロ(米国)とこの日のベストスコアタイの“63”でラウンドしたヘンリック・ステンソン(スウェーデン)がつけた。その2打差通算10アンダー4位タイにマット・クーチャー(米国)、ジェイソン・ダフナー(米国)の2人、通算9アンダー6位タイにはジャスティン・ローズ(イングランド)、ジョーダン・スピース(米国)、ハリス・イングリッシュ(米国)が並んだ。
 初日8アンダーで首位に立ったフィル・ミケルソン(米国)はこの日4バーディ・2ボギー・1ダブルボギーと出入りの激しいゴルフでスコアを伸ばすことができず8アンダーのままホールアウト、9位タイに後退した。初日3アンダーで34位タイにつけていたランキングトップのタイガー・ウッズ(米国)はこの日4つスコアを伸ばし通算7アンダー20位タイに浮上してきた。
 初日84位タイと大きく出遅れたポイントランキング2位のアダム・スコット(オーストラリア)は2日目5つスコアを伸ばし通算3アンダーに53位タイまで浮上させ、何とか予選を通過した。
【2日目の結果】
1位:セルヒオ・ガルシア(-13)
2位T:ロベルト・カストロ(-12)
2位T:ヘンリック・ステンソン(-12)
4位T:マット・クーチャー(-10)
4位T:ジェイソン・ダフナー(-10)
6位T:ジャスティン・ローズ(-9)
6位T:ジョーダン・スピース(-9)
6位T:ハリス・イングリッシュ(-9)
9位T:フィル・ミケルソン(-8)
9位T:ジェイソン・デイ(-8)他9名
20位T:タイガー・ウッズ(-7)他9名
53位T:アダム・スコット(-3)他8名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
好調のP・ミケルソン首位スタート!A・スコット87位と大きく出遅れ、タイガー34位タイ
藤本佳則が首位タイに浮上!最終日が「非常に楽しみ」
腰痛のタイガー、プレーオフ第2戦出場へ スコット、ミケルソンと同組
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング