ダチョウ上島が竹山に泣きつく、タイムスクープハンターの台詞難しく。

写真拡大

「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」が8月31日に公開され、主演の要潤をはじめ、夏帆、杏、時任三郎、上島竜兵、竹山隆範、中尾浩之監督による舞台挨拶が東京・新宿ピカデリーにて行われた。

テレビシリーズから足掛け6年、「タイムスクープハンター」の沢嶋雄一を演じ続けてきた主演の要は「役者人生の半分をこの作品とともに歩んできました。『タイムスクープハンター』は自分の分身のような大事な存在です。今日を迎えられたことを本当に嬉しく思います。役者人生のターニングポイントになりました」と公開初日を迎えた心境を吐露。

劇場版から新人ジャーナリスト役で参加した夏帆は「初めて現場に行ったときから、要さんや監督をはじめ、皆さんの作品に対する熱を感じた。この作品に参加できて光栄です」とすっかり現場になじんだ様子だ。

テレビシリーズから引き続き出演した杏は、今回、激しいアクションシーンにも挑戦し、「社内を出て現場に行けてよかった。ピストルを撃つシーンでは、監督が弾の効果音を口でつけてくれて楽しくできました」と現場の雰囲気を語った。

テレビシリーズでは無名の俳優が演じる取材対象者・名もなき武士を演じた時任は「本番中に監督が、『10秒戻って!』とか『今のいいです』と語りかけてくるのは新鮮でしたね。神の声だと思って演じていました」とほかの現場にはない中尾監督ならではの演出方法に言及。いつものボケを封印し、大熱演で泣かせの演技を見せた上島は「こんな素晴らしい作品に出演させていただいて、本当に申し訳ありません(笑)。素敵な俳優さんたちに囲まれて、特に隣の竹山さんを差し置いて僕が俳優だなんてとんでもない」と笑いを誘った。

作品のファンだったことが高じて出演を果たした竹山は「上島さんが、撮影前に『時代物でセリフが難しいから出たくない』と泣きついてきた。作品の良いところをちゃんと説明しましたよ」と上島のフォロー役だったそう。そして中尾監督は「映画もテレビシリーズも、まだまだ続けていきたいと思っています。ご友人、ご家族を連れて何度でも見に来てください」と今後の野望を語った。

また、タイムワープ技術を使い歴史の真実をスクープする本作にちなみ、最近スクープしたことを聞かれた要は「もしかしたら上層部では次のシーズンの話が動き始めているかもしれない。僕がオファーをもらうのは一番最後だからわからないけど、そんな感じがする。スケジュール空けておきます」と監督の野望を裏付けるかのような話を披露。次回作への期待を感じさせた。

最後に要は「我々の戦いは始まったばかりです。これからも沢嶋雄一として皆さんにたくさん目にかかれるように頑張っていきたいと思います」と作品への強い熱意と意欲を語り、イベントは終了した。

映画「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」は、8月31日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショ−。