記憶をテーマにしたアート展「クローゼットとマットレス」メゾンエルメスで開催

写真拡大

 建築家Smiljan Radic(スミルハン・ラディック)と、彫刻家Marcela Correa(マルセラ・コレア)の展覧会「『クローゼットとマットレス』スミルハン・ラディック+マルセラ・コレア展」が、 東京銀座のメゾンエルメス8Fフォーラムで開催される。入場無料で、期間は9月4日から11月30日まで。

エルメスでクローゼットとマットレス展の画像を拡大

 「クローゼットとマットレス」展は、クローゼットとマットレスという2つの家具を題材に作品を制作。Smiljan RadicとMarcela Correaは、過去や思い出が収められているクローゼットと、横たわる人の動きを柔軟に受け止め身体の形を記憶するマットレスを変形させ、象徴的に見せることで、日常の奥に押しやられていた記憶という抽象概念を可視化したという。また本展覧会では、街中に存在する脆弱な建築を撮影した「FragileConstruction」も展示される。

 サンティアゴ出身のSmiljan Radicは、第12回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展で同じくサンティアゴ出身のMarcela Correaと共作で発表した「魚に隠れた少年」など素材や環境を活かした建築を手掛けている。二人は建築や彫刻だけでなく、映像作品も制作。仮設建造物や隠れ家など、移ろいゆく環境と人間の営みの関係性についての考察を作品で表現している。

■「クローゼットとマットレス」 スミルハン・ラディック+マルセラ・コレア展
 The wardrobe and the mattress by Smiljan Radic and Marcela Correa
 会期:2013年9月4日(水)〜11月30日(土)
 会場:メゾンエルメス8階フォーラム
 住所:東京都中央区銀座5-4-1
 時間:月〜土曜 11:00〜20:00(最終入場19:30)、日曜 11:00〜19:00(最終入場18:30)会期中無休 入場無料
 TEL:03-3569-330