ヒュー・ジャックマン『ウルヴァリン:SAMURAI』来日会見

写真拡大

[シネママニエラ]8月29日、映画『ウルヴァリン:SAMURAI』記者会見が目黒雅叙園にて行われ、来日中のヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ジェームズ・マンゴールド監督が出席した。日本でも撮影された本作、印象的なロケ先を問われたヒュー・ジャックマンはラブホテルを上げ、「(脚本家による)架空のモノだと思ったら日本に実際にあると知り、撮影前にリサーチしました!」と語ったが、この会見中にもリサーチを怠らない勤勉さを見せていた。

この日は、作風と同じく和を尊び、旧・目黒雅叙園から移した日本画、本漆塗り、螺鈿細工で装飾された和室宴会場で催された。ご一行は、能舞台(にマットを敷いて状態で)靴のまま登壇。そのためヒュー・ジャックマンは室内を見まわし、その観察眼は会見中も発揮されていた。

それは自身のコメントを通訳が日本語に訳して語っている間のこと、隣席の真田広之になにやら問いを投げかけていたのだ。恐らく屏風絵などで描かれたモノに対する疑問のようであったが、最初はヒューの質問が解せなかったのかキョトンとした表情をみせた真田。しかしながらヒューが言い直すと理解したようで、そこからは真田が(英語で)解説。それを聞いて、ヒューは大きくうなずいていた。このように寸暇を惜しんで学ぶヒューの勤勉さに感心しきり。

原題=The Wolverine
日本公開=2013年9月13日
配給=20世紀フォックス

こちらのヒュー・ジャックマン『ウルヴァリン:SAMURAI』来日会見の間も日本リサーチ! 続きはシネママニエラにて


ウルヴァリン/X-MEN ブルーレイBOX<6枚組>(初回生産限定) ウルヴァリン:SAMURAI スペシャル・ディスク付 [Blu-ray]
ヒュー・ジャックマン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2013-09-04




南樹里のシネママニエラ