『劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日』初日舞台挨拶が開催!

写真拡大

NHKの人気テレビシリーズの映画化『劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日』の初日舞台挨拶が8月31日に開催され、要潤をはじめとするキャスト陣、中尾浩之監督が登壇。テレビシリーズに続いて、主人公の時空ジャーナリスト・沢嶋雄一役を演じた要は「ついにこの日を迎えられた」と感激の一言。「役者人生の半分をこの作品と共に歩んできた。自分にとって、分身のような作品です」と挨拶した。

【写真を見る】『劇場版 タイムスクープハンター』初日に晴れやかな笑顔を見せた要潤

歴史に埋もれた名もなき人々の姿を追いかける沢嶋の活躍を描く本シリーズ。劇場版では、沢嶋が本能寺の変による混乱が続く京都にタイムワープ。謎に包まれた“安土城焼失”の真相に迫る。要が本シリーズに携るのは、足掛け6年目となる。要は「テレビシリーズを作るうえでは、不安な日々もあった」と振り返り、「確実にファンの方が増えていって、どんどん認知度が広がっていくのを自信にしてきた。役者人生のターニングポイントともいえる、今日という日を迎えられて胸がいっぱい」と喜びも格別だ。

また、“最近のスクープ”を発表することになった一同。要は「どうやら上層部では、『次のシーズンが…』というような話がされているのを隙間から聞いた。あるかどうかは僕はわかりませんが、スケジュールをあけておきます!」と言葉を濁しながらも、今後の展開にやる気満々。上島は「先日、要さんの奥さんが挨拶に来てくれて。上品で、すごいきれいでねぇ!うちのカミさんにはちょっと負けるんですけどね」と今年7月下旬に挙式・披露宴を行ったばかりの要の妻について暴露。すかさず竹山から「アンタのとこ、ブサイクだろ!」と突込みが入り、会場の笑いを誘っていた。

最後には、要が「まだ我々の戦いは始まったばかり。どんどん頑張っていきたい!」、中尾監督も「まだまだ続けたいと思っています!」と力強く語り、熱い拍手を浴びていた。【取材・文/成田おり枝】