土鍋IH炊飯ジャーの技術が活きている!(写真は、ホットプレートCRC‐A300「これ1台」)

写真拡大

タイガー魔法瓶は、プレートに遠赤土鍋コーティングを施し、余分な油も落としてヘルシーに焼肉などを楽しめるホットプレート「CRC‐A300」「CRC‐A200」「CRC‐A100」と、遠赤土鍋コーティングの深なべで、素材の旨味をじっくり引き出すグリルなべ「CQG‐A300」「CQG‐A200」を、2013年9月1日に発売する。

食材の旨みをじっくりと引き出す

これまで培ってきた土鍋IH炊飯ジャーの技術を活かし、同社ならではの「土鍋のおいしさを伝えたい」との想いを、家族団らんにピッタリなホットプレートとグリルなべにした。

ホットプレートとグリルなべの深なべに遠赤土鍋コーティングを施すことで、食材の旨みをじっくりと引き出す。

ホットプレートは、土鍋のおいしさと耐久性を高めた 3層遠赤土鍋コーティングの平面プレートに、穴あき・波形プレート、たこ焼きプレートには2層遠赤土鍋コーティングを施した。

新構造の穴あき・波形プレートは油が流れやすい角度をつけ、スムーズに油を落とす。油キャッチャーで、しっかり油をキャッチ。また、プレート表面についた汚れが落ちやすく、遮熱板(ヒーター)が取り外せるので本体ガードもプレートも丸洗いできて手入れがカンタンで便利。

グリルなべは、コーティングの耐久性が約2倍にアップ。肉も野菜もおいしく焼ける波形プレート(野菜ゾーンつき)で、料理のレパートリーも広がる(「CQG‐A300」は、深なべ・波形・たこ焼きの3枚プレート)。

希望小売価格は、ホットプレート「CRC‐A300」が1万9950円、「CRC‐A200」は1万7850円、「CRC‐A100」1万5750円。グリルなべ「CQG‐A300」は1万9950円、「CQG‐A200」は1万7850円。