12気筒の遠心分離機構をダストカップと一体化した「バーティカルトルネードシステム」を搭載(写真は、「VC‐SG513」)

写真拡大

東芝ホームアプライアンスは、独自の12気筒の遠心分離サイクロンによって、集塵フィルターなしで吸引力を99%以上持続する「TORNEO V」(トルネオV)の新製品として、「VC‐SG513」「VC‐SG413」の2機種を、2013年9月1日に発売する。

「ゴミ残しまセンサー」でゴミを確認

12気筒の遠心分離機構をダストカップと一体化した「バーティカルトルネードシステム」を搭載。これにより、綿ボコリなどの大きなゴミも、ミクロのゴミも99.9%まで分離して、吸引力が99%以上持続する。ダストカップ内で遠心分離しながらゴミが圧縮されるので、ゴミ捨て時のホコリの舞い散りも抑えられるほか、清潔さにも配慮して「バーティカルトルネードシステム」はすべて水洗いできる。

「ゴミ残しまセンサー」は、手元のランプでゴミの有無を確認しながら掃除することができるため、細かいゴミが見えにくい絨毯やベッドの下などの掃除に便利。また、「ecoモード」ボタンを押すだけで、ヘッドを持ち上げると6秒後には運転を停止する「節電アイドリング機能」を採用した。

さらに、サイクロン部の小型化と、小型軽量の高効率モーターの採用で本体質量は約3.3キロ。本体とホース、延長管、ヘッドなどをあわせた標準質量は約4.8キロとなった。

なお、「TORNEO V」をさらに軽量コンパクト化した「TORNEO V compact」(トルネオVコンパクト)の「VC‐S43」「VC‐S33」「VC‐S23」の3機種を、10月1日に発売する。

10気筒の遠心分離サイクロン部とカップの小型化によって、本体質量は約2.9キロ。また家具、レイアウト等により限られたスペースでも掃除しやすいよう、小回りの利くスリムなデザインを新たに採用した。

いずれも、オープン価格。