(株)LIXILは、「壊さない工夫」「現場にFIT」「ムダの排除」をテーマに、既存物を壊さないカバー工法採用の内装リフォーム専用商品「Renova」(リノバ)を、トステムブランドより9月2日(月)に新発売する。
「リノバ」は、現場の困りごとを解決するために、「壊さない工夫」「現場にFIT」「ムダの排除」をテーマに開発されたもので、室内ドア・引戸などの建具から、カバー材や床見切り材などの部材までラインアップし、さまざまな内装リフォームに対応する。
まず「壊さない工夫」として、カバー工法を採用したことにより、窓枠や建具枠などの既存枠の上から「リノバカバー材」を取り付けるだけで、壁を取り壊すことなく建具や造作材がキレイに仕上がるようになる。また、より「現場にFIT」するよう、フレキシブルで可動式の「リノバ床見切り材」を用意し、室内のあらゆる場所で生まれる段差やすき間を解消できるようにした。さらに「ムダの排除」として、部材の長さを3000mmに設定し、業務用車でもカットすることなく運搬できるようにした。サイズ特注品も受注から工場出荷まで3日で対応する。
なお「リノバ」専用カタログには、スマートフォンやタブレット端末にて紹介ムービーや施工ガイドムービーが閲覧できるQRコードを添付している。