写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本秋田支社は9月1日、「秋田デスティネーションキャンペーン」期間中に使用できる特別企画乗車券「秋田・津軽由遊パス」「秋田わくわくパス」を発売する。ともに有効期間中、普通列車(快速列車含む)の普通車自由席に自由に乗り降りできる。

「秋田・津軽由遊パス」の対象は、秋田エリアと津軽エリアのJR線、秋田内陸縦貫鉄道線、由利高原鉄道線、弘南鉄道線の普通列車(快速を含む)の普通車自由席。新青森駅〜青森駅間のみ乗車する場合に限り、特急券・急行券なしで特急・急行列車の普通車自由席を利用できる。有効期間は連続する3日間で、発売額は大人4,600円、小児2,300円。発売期間は12月29日まで。「秋田わくわくパス」の対象は、秋田エリア内のJR線および秋田内陸縦貫鉄道線の普通列車(快速を含む)の普通車自由席。有効期間は連続する2日間で、発売額は大人3,000円、小児1,500円。発売期間は12月30日まで。

両きっぷとも、特急券・急行券を別途購入することで、特急列車(秋田新幹線「こまち」「スーパーこまち」含む)と急行列車(秋田内陸縦貫鉄道「もりよし」など)への乗車が可能。「リゾートしらかみ」をはじめ、全車指定席の列車を利用する場合は、事前に指定券を購入する必要がある。また、どちらのきっぷにも、各フリーエリア内の協賛施設での提示で、割引や粗品プレゼントなどが受けられる特典が付いている。

「秋田・津軽由遊パス」「秋田わくわくパス」は、フリーエリア内のみどりの窓口、指定席券売機、びゅうプラザ、おもな旅行会社で発売。フリーエリアを着地に含むJR利用の旅行商品を同時に発売する場合のみ、フリーエリア外の特別企画乗車券取扱箇所でも取り扱う。

(佐々木康弘)