写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京浜急行電鉄は、京急ファインテック久里浜事業所にて10月10日に実施する「鉄道事故復旧訓練」の見学希望者100名を募集する。

この訓練は、万が一の事故発生時に迅速な対応を取るべく毎年秋に実施しているもので、今年で32回目。京急グループ関係者約230名が参加し、乗務員による初動対応、負傷者の救助や乗客の避難誘導、脱線した車両の復旧、線路や電気設備などの復旧作業を、実際の車両も用いて一連の対応を確認する。今年は、動作中の踏切道内に侵入した自動車と衝突して列車が脱線、乗客に負傷者が発生し、線路・電気・通信設備が損壊したとの設定で訓練を行う。

鉄道事故復旧訓練の見学時間は11時頃から15時頃まで(雨天決行、荒天中止)。見学者には専用の観覧席が設けられるほか、昼食(軽食)が支給されるという。応募は市販のハガキに住所・氏名・年齢・電話番号を記載し、「京浜急行電鉄株式会社鉄道事故復旧訓練見学係」宛に申し込む。応募対象は中学生以上。ハガキ1枚につき2名まで申込可能(応募は1人1通限り)。9月11日締切(必着)で、当選者にのみ9月下旬に当選通知が届く。

(佐々木康弘)