写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三陸鉄道は10月9日、「鉄道ダンシ」のイメージソングを収めたCD「鉄道ダンシの詩 〜希望のYELL〜」を発売する。このアルバムには、ボーナストラック3曲を含む全8曲が収録されており、定価は1,575円となっている。

「鉄道ダンシ」とは、鉄道員をモチーフにしたキャラクター。三陸鉄道では、同社社員という設定の「田野畑ユウ」「恋し浜レン」の2名のキャラクターを制作し、震災復興と地域活性化を目的に、各種広報などに活用している。今回のCD発売にあたり、今年3〜5月に歌詞の公募を実施。全国から144件の作品が寄せられ、その中から、「三陸鉄道に乗って」と題する作品が採用された。同曲はCDの1曲目に収録されている。

収録曲のうち5曲については、千葉県出身の石山隼さんと福島県出身の金子宏一さんからなる新人男性デュオ「コンサイ」が歌唱を担当。楽曲制作には日本工学院ミュージックカレッジの生徒らが参加した。また、ボーナストラックの3曲は、イメージソングの駅メロバージョンに。駅メロへのアレンジは、JR山手線など多くの駅メロを手がける"駅メロの巨匠"、塩塚博氏が担当した。

CDの発売に先がけて、9月21日には三陸鉄道宮古駅前広場で開催されるイベント「夢レールフェスタ」にて、CDの先行発売を実施。歌唱を担当する「コンサイ」の2人が出演し、イメージソングを披露する予定だ。

(佐々木康弘)