こんにゃく入り

写真拡大

浅漬けをはじめとする野菜加工食品メーカーのアキモ(栃木県宇都宮市)は2013年9月1日、ごはんによくあう「キノコと根菜のおかず野菜」と旬の野菜を味わう「5種の野菜ぬか風味秋冬バージョン」の2商品を発売する。

秋冬限定商品も

「キノコと根菜のおかず野菜」は、「ご飯がより一層美味しく食べられるおかず感を引き立たせた浅漬けを」という思いから商品化したもので、食べごたえのある「メインのおかず」をコンセプトにした新しい切り口の商品。

コクのある甘辛い「しょうゆ」と、昆布の「だし」、上品な甘みをだす「本みりん」を使い、ご飯と一緒に食べて「美味しい」と感じる、同社独自の味の黄金比を実現したという。

また、秋冬に旬を迎える大根など根野菜を主役に、えのきなど5種類のキノコや小松菜を使って季節感をだすだけでなく、浅漬けにはめずらしいこんにゃくをいれ、食感を引き立たせた。価格は258円。

同時に、秋冬に旬を迎える野菜を使った、洗わずにそのまま食べられるぬか風味の浅漬け「5種の野菜ぬか風味 秋冬バージョン」も発売する。価格は258円。

そのほかにも、秋冬の季節限定商品4種が発売される。