最近では、ネットゲームやサイト内で知り合い、そのまま交際するカップルもいるが、なかにはリアルな世界での恋愛に発展させることなく、仮想空間内での疑似恋愛を楽しんでいる人もいるという。

 そんな中のひとりが、現在、アメーバピグ内で疑似恋愛にハマっているという独身女性Aさん(40代)だ。

「テレビのCMで見て以来、暇潰しにやりはじめました。広場でチャットしているときに、偶然仲良くなった男性と毎日ピグでチャットをしています。ピグはバーチャル空間なので、話し相手も本当の自分を知らない。だから、普段は言えない悩みや相談も隠すことなく話せます。そんな気楽さにハマってしまい、ピグで彼と過ごす時間も次第に増えていきましたね」(Aさん)

 とはいえ、Aさんは今のところ「彼と直接会うつもりはない」という。仮想空間内での疑似恋愛は、リアルの恋愛とどこが違うのだろうか。

「相手の素性を知らないからこそ、こんなに安心して話せるんだと思います。本当の恋人なら、気を遣ったり、我慢することも少なくないですが、ネットなら自分の都合でログイン/ログアウトできますし、言葉だけの関係は“めんどくさくない”んです。直接会ったりはしていないので、浮気や恋愛とは違うかなと思っています」

 また、アメーバピグでは、部屋をデコレーションすることもできるため、キャバクラのようなデザインにすることも可能だ。ここで会話を楽しむ人もいるという。