VanaH杯KBCオーガスタ 2日目◇30日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,150ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「VanaH杯KBCオーガスタ」の2日目。悪天候のため断続的に競技が中断されていたが、10時23分に3度目の中断となった後、そのまま競技は再開できす13時に降雨によるコースコンディション不良と雷のためサスペンデッドとなった。再開は明日8時が予定されているが、明日も悪天候の予報で前週の「関西オープン」同様に短縮競技になる可能性が高くなっている。
荒天の「KBCオーガスタ」、中断中もギャラリーを楽しませたのは…
 初日首位に立った18歳の新鋭、稲森佑貴やS・J・パク(韓国)ら上位陣はスタートできなかったが、5アンダーで暫定首位となっている。スタートした午前組の中ではハーフを終了し2つスコアを伸ばしたベテラン、湯原信光が10位タイに浮上した。
 今年の7月に東京国際大ゴルフ部の監督に就任した湯原。日ごろ学生たちにも「感情の起伏があると良くないと指導しているから」と悪天候の中でも冷静にプレー。出だしの1番で2メートルを沈めバーディ発進すると、強風の中パーを重ね6番パー5でもバーディを奪取。9番でサスペンデッドとなったが一躍上位に名を連ねた。
 先週の「関西オープン」で活躍した日本アマ覇者、大堀裕次郎を的確なアドバイスでイップスを克服させるなど、プレー以外の部分でも資質を発揮している湯原。今回はプレーヤーとして最年長ツアー優勝を狙うチャンスを得た。優勝し「そういう姿を学生たちに見せられたらいいね」と笑顔で話した。
 若者たちを導き、彼らから刺激をもらい進化を続ける湯原。2002年にこの大会を制した時も台風の影響で競技は54ホールに短縮された。今回も似た状況だが、これが湯原にとって吉兆となるだろうか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
強風もコーライも何のその!18歳の新鋭・稲森佑貴が首位タイ発進!
川村昌弘が2週連続の好スタート!「調子のいい時に近づいている」
天候回復せず第2Rサスペンデットが決定「KBCオーガスタ」
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング