写真提供:マイナビニュース

写真拡大

クレディセゾン(以下「同社」)はこのたび、コイニーへの出資が27日に完了したと発表した。

現金マーケットの打破を目標に掲げる同社は、4月10日にコイニーが提供するスマートフォン決済サービス「Coiney」を導入し、カード決済加盟店の募集を行ってきたという。このたびコイニーへの出資を行うことで、コイニーとの営業展開をより強化し、スマートフォン決済市場の拡大を図っていくとしている。

なおコイニーでは、利用してもらう加盟店へのサービス向上を目的に、21日より決済手数料を4%から3.24%に引き下げた。また、加盟店への入金を月1回から最大月6回まで行えるよう支払いの期間・頻度を改善し、より細やかな対応を実現していくとしている。

10月以降は、同社の全国の営業ネットワークを活用した営業展開を強化し、各地域における加盟店のニーズを引き出しながら、サービス向上につなげていくという。

今後も中小企業や個人事業主の人々に、安心で便利なクレジットカード決済導入を提供し、キャッシュレス社会の実現を推進していくとしている。

(金野和子)