写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オウチーノ総研はこのほど、「シングルマザーにやさしい自治体ランキング【東京編】」の調査結果を発表した。同調査は、東京23区及び市部(全49自治体)において、シングルマザーが受けられる助成や保育料、待機児童数などを調査し、それぞれの項目をポイント化。合計ポイントでランキングを作成したもの。

○1位は、保育料の安さと家賃補助が魅力の「武蔵野市」

シングルマザーが住みやすい街ランキング第1位となったのは「武蔵野市」。1位となった要因は、家賃補助の充実と保育料の安さ。まず家賃補助は「ひとり親家庭住宅費助成制度」が適用される。他自治体では「立ち退きを求められている場合」「現在より家賃の高い部屋に転居した場合」などの条件が定められていたり、抽選で必ずしも助成が受けられないケースが多いが、武蔵野市は所得制限や在住期間といった最低限の条件で1万円/月(上限)を受けとることができるという。

保育料は「渋谷区」に続いて第2位の安さ。年収223万円のシングルマザーが、4歳以上の子どもを保育園に通わせた場合の保育料を算出した結果、武蔵野市の保育料は、平均と比べると月間で約4,500円、年間で計算すると5万円以上安いことが分かった。

○2位は国立市、3位は渋谷区、4位は江戸川区

2位は「国立市」。待機児童の少なさで5位につけ、また武蔵野市と同等の家賃補助を行っている。3位は「渋谷区」。保育料がもっとも低く、高額な自治体との差は年間12万円近くにもなるという。4位は「江戸川区」。0歳児を養育している家庭に「乳児養育手当」という経済支援が行われ、一定の条件を満たすと毎月13,000円が支給されるという。

調査の詳細は「オウチーノ総研の調査結果発表ページ」で閲覧できる。

(エボル)