洗練された男のニットブランド「ヴァンドリ」青山に初出店

写真拡大

 2013-14年秋冬にデビューしたニットブランド「Vandori(ヴァンドリ)」が8月30日、南青山に初の直営店をオープンした。「Vandori」は大人の男性をターゲットに、カシミヤやファインウールといった最高級原料の天然繊維を選定し、身体にフィットする洗練されたデザインのコレクションを発表。ハイクラスのニットウェアを通じ、世界に向けて日本のクリエーションを発信する。

「ヴァンドリ」青山に初出店の画像を拡大

 「Vandori」は、日本古来から呼ばれてきたフクロウの異名「番鳥」をブランド名に取り入れ、「Postmodernism(ポストモダニズム)」をコンセプトに展開をスタート。身体にフィットする綺麗な繋ぎ目は熟練職人が手作業でリンキングし、無駄のないデザインへと導くことで、身体の個性を最大限に美しく見せることを心がけるという。ターゲットは、30〜50代のカリスマ性を持つ男性。「Vandori」を運営する株式会社Walkers.のCEOでアーティスティック・ディレクターの大西賢尊と、クリエイティブ・ディレクター遠山晃司がブランドを率いる。「ニットの限界」に挑戦していきたいという大西がビジネスを通じ各国を旅して経験してきた世界の衣食住、そして大西と遠山の「クルマが好き」という共通点から紡がれるドライビングシーンを想定した丁寧なものづくりで豊かなライフスタイルを提案する。

 「Vandori」は、シーズン毎に世界各国の都市や場所を選定し、その国のスタイリッシュなジェントルマンを想像して「都市名+マン」と命名したコレクションを発表していく。ファーストコレクションは歴史ある街デュッセルドルフに住むスタイリッシュな男たち「デュッセルドルフ・マン」をシーズンテーマに、カシミア100%のアウターガウンや総柄の丸首ニットといったニットウェアをそろえる。Vandori青山本店は、青山通りと六本木通りを結ぶ骨董通りのおよそ中間地点に路面店でオープンし、今後は青山本店を軸にブランドの認知度を高め、高感度なセレクトショップなどにも販路を広げていく計画だ。

■Vandori青山本店
 住所:東京都港区南青山6-2-2-102
 TEL:03-6418-7832
 営業時間:11時〜20時 ※不定休
 http://vandori.jp/