写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイのキャンディ事業部が展開する人気TVアニメ『機動戦士ガンダム』シリーズのロングヒット食玩「Fusion Works(フュージョンワークス)」(FW)シリーズより、『ガンダム・センチネル』に登場する「Ex-Sガンダム」の立体化が決定し、「プレミアムバンダイ」にて8月30日16:00より予約受付がスタートする。

商品名は『FW GUNDAM STANDart:Ex-Sガンダム』で、これまでのFWシリーズの一翼を担う「FW GUNDAM STANDart:」シリーズのフラッグシップアイテムとなる。通常は食玩としてお菓子売り場で展開されるFWシリーズだが、今回の「Ex-Sガンダム」は、同シリーズで成しえなかった大ボリュームの機体であり、シリーズの魅力である緻密な造形が凝縮されているという。

「Sガンダム」(『FW GUNDAM STANDart:8』で発売)の強化装備形態となる「Ex-Sガンダム」は、今回の立体化で3種類のディスプレイスタイルと、背面・側面等にまで及ぶ緻密なディテールにより、360度どの角度からも鑑賞を楽しめるアイテムに。「FW GUNDAM STANDart:」シリーズの基本であるモビルスーツ(MS)の立ち姿はもちろん、専用台座を使用することでビーム・スマートガンを横向きに保持した姿でディスプレイ可能。さらに換装パーツが空間に浮遊しているようなイメージでディスプレイすることもできる。

原型は、FWブランドの立ち上げから約10年にわたり手がけている、ドール・ガレージキットのトップメーカー「ボークス」が担当。緻密な原型表現が背面・側面・パーツ類など細部にわたり、余すことなく凝縮されている。通常商品では実現不可能なパーツ数により、圧倒的なボリュームを誇り、ABS素材を駆使した緻密でシャープなディテール表現も相まって、フラグシップモデルと呼ぶに相応しい出で立ちのアイテムに仕上がっている。セット内容はフィギュアと差し替え用パーツに加え、台座や支柱も付属。

商品価格は3,780円。予約期間は8月30日16:00〜準備数に達し次第で、発送は2014年3月を予定している。

FWシリーズは、バンダイのキャンディ事業部がハイターゲットユーザーに向けて展開している、発売10周年を突破したロングヒット食玩ブランド。これまで培ったノウハウを多種多様なカテゴリーと融合(Fusion)し、革新的な商品を作り出す(Works)ことをコンセプトに掲げている。現在は、ガンダム作品に登場するMSを題材とした「FW GUNDAM STANDart( フュージョンワークス ガンダムスタンダート)」および「FW GUNDAM CONVERGE(フュージョンワークス ガンダムコンバージ)」シリーズを展開中。

なお、8月31日、9月1日に千葉県・幕張メッセで開催される「キャラホビ 2013」では、バンダイの「キャンディ事業部ブース」で本商品の展示が予定されている。

(C)創通・サンライズ