60シリーズには「フル・アクティブ・ハイビーム」を採用(写真はV60)

写真拡大

ボルボ・カー・ジャパンは、ボルボ60シリーズ(S60、V60、XC60)やV70などの商品改良を実施し、2014年モデルとして2013年8月27日、発売した。

光と音による警告とフルブレーキ作動

今回、商品改良したのは他に、XC70とS80。またXC90は一部仕様を変更した。安全装備パッケージとして、「ヒューマン・セーフティ(歩行者検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム)」に、XC90を除くボルボ車全モデルに装着可能な「サイクリスト検知機能」が加わった。センサーシステムが車両の前方をモニターし、車両と同じ方向に走っている自転車走行者(サイクリスト)との衝突が避けられないと判断した場合に、光と音による警告と同時に自動でフルブレーキを作動させ、衝突を回避または軽減する。

また、「セーフティ・パッケージ」および「アクティブベンディング・デュアルキセノンヘッドライト」を装着する60シリーズのヘッドライトには、「フル・アクティブ・ハイビーム」を採用。カメラセンサーで対向車のヘッドライトや先行者のテールライトを検知し、ハイビームの状態で走っている際に、ヘッドライト内部のシェード(遮光板)を制御することで、対向車と先行者に向けられる光の部分だけを遮断する。そのため対向車や先行者のドライバーに眩しい思いをさせることなく、常にハイビームの状態で走行が可能となる。

この他、60シリーズとV70、XC70、S80のエクステリアデザインを大幅刷新し、またパドルシフトやデジタル液晶メーターなどの装備を充実させた(XC90を除く)。