写真提供:マイナビニュース

写真拡大

兵庫県神戸市北区・谷上駅周辺活性化協議会とJA兵庫六甲は、さつま芋の収穫体験ができる観光貸し切りタクシー「すい〜とポテトタクシー」を、9月6日から11月4日まで運行する。

○収穫後はご当地さつま芋メニューも堪能

「丹生(たんじょう)山田の里」は、昔ながらの田園風景が広がり、源平の歴史跡も点在する観光エリア。神戸市北区周辺で事業を行う公共交通機関5社(※)からなる「神戸市北区・谷上駅周辺活性化協議会」とJA兵庫六甲が、街のPRと公共交通機関の利用推進を目的に企画した。

北神急行電鉄谷上駅から「丹生山田の里」の農園までは、「すい〜とポテトタクシー」号が往復とも送迎。手ぶらで気軽にさつま芋の収穫体験ができる。なお、タクシーは1グループごとに運行するため、相乗りにはならないとのこと。農園到着後は1人3株までさつま芋を収穫でき、その後はご当地名物さつま芋の一品も味わえる。

運行日は9月6日〜11月4日。さつま芋の発育、収穫状況によって終了日が早くなる場合もある。申し込みは2名以上で、予約が必要。料金は大人2,000円、小人(12歳未満)1,300円(往復のタクシー代と農園入園料を含む)。申し込みは北神急行電鉄が、ファックスで受け付けている。

※神戸電鉄・北神急行電鉄、神鉄バス、神鉄タクシー、神鉄観光の5社

(フォルサ)