全く別の人格を持つ“バイロケ”に命を狙われる女性を、水川あさみが迫真の演技で魅せる!/[c]2014「バイロケーション」製作委員会

写真拡大

第17回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞した同名小説を、角川ホラー文庫20周年記念作品として映画化した『バイロケーション』(2014年1月18日公開)。水川あさみ、千賀健永(Kis-My-Ft2)、高田翔(ジャニーズJr.)が出演することでも話題を呼んでいる本作の特報映像がこの度、解禁となった。

【写真を見る】凶暴な性格を持つ“バイロケ”が襲いかかる!

本作は、自分と全く同じ姿形でありながら全く別の人格を持つ“もう一人の自分=バイロケーション”に、命を狙われるというサスペンス・ホラー。今回公開となった映像では、水川演じる平凡な女性・高村忍が、その“バイロケ”に遭遇し逃げ惑う姿が確認できる。ここで注目して欲しいのは、高村を追い詰めていくのも高村だという点。自分こそが本物だと思っている“バイロケ”が、本体を侵食していく様子は、まさに恐怖。演技力に定評のある水川が、冷酷な表情と凶暴な性格を持つ“もう一人の自分”と、主人公という、一人二役の難しい役どころを絶妙に演じ分けている。

このような身の毛もよだつ内容ももちろんだが、水川の脇を担う共演陣にも注目だ。“バイロケ”に脅かされ「“バイロケーション”の会」に所属する大学生・手洗巧役を担う千賀は、本作で映画初出演を果たす。さらに、常に顔をネックウォーマーで隠す謎の少年・加賀美榮を、次世代ジャニーズJr.の演技派と評される高田が熱演。ジャニーズの若手2人が、“バイロケ”に恐れおののく姿をどのように体現してくれるのか期待が高まる。

原作は若手ホラー作家・法条遥の「バイロケーション」。監督は大ヒット作『リアル鬼ごっこ』シリーズの安里麻里が務める。誰も見たことのない新感覚ホラーワールドが展開する本作の続報を待ちたい。【Movie Walker】