写真提供:マイナビニュース

写真拡大

同じ街に恋人がいても、相手が社会人であれば、ある日突然、遠い場所への転勤の辞令が出てしまうこともあるでしょう。遠く離れても交際を続けるか、別れるか。そんな選択を迫られたとき、みんなはどんな道を選んでいるのでしょうか。独身の社会人500名に聞きました。

■大半が、別れより遠距離恋愛を選択。ネットの普及でハードルが低下!?

【Q.恋人に、遠隔地(東京から大阪、福岡、海外など)への転勤辞令(期間は未定)が出てしまったときの行動についてお伺いします。恋人から、突然、転勤辞令が出たと聞いたとき、あなたはどうしますか? 】

遠距離恋愛で交際を続ける……75.0%

遠距離恋愛に自信がないので別れる……21.8%

その他……3.2%

恋人に転勤辞令が出たらどうするかという問いには、7割を超える人が、遠距離恋愛を選ぶと回答。理由としては「今は、メールやビデオチャットもできるので、それほど離れている気はしないと思うため」(女性/27歳/学校・教育関連)など、インターネットの普及による連絡のしやすさを挙げた人が目立ちました。

たしかに、ひと昔前までは、連絡手段は手紙か電話のみ。会いに行くための交通費も電話料金もかさむため、遠距離恋愛を続けるのは困難でした。しかし、今やインターネットで海外の人とも気軽につながれる時代です。恋人同士にとって、距離はそれほど大きな障害ではなくなっているのかもしれません。

【Q.交際を続ける上で、あなたが取りたい行動はどれですか?】

しばらく遠距離恋愛でやっていけるのか様子を見たい……78.4%

これを機会に結婚したい……20.0%

その他……1.6%

「遠距離恋愛で交際を続ける」と答えた人には、恋人の転勤を機に結婚したいかどうかの希望も聞いてみました。結果、結婚したいと答えた人は少数派。8割近くの人が、とりあえずは遠距離での交際を続けて、関係が続くか様子を見たいと回答しています。遠距離での交際が比較的気軽にできるためか、結婚に対しては慎重な姿勢がうかがえます。

■遠距離恋愛を続ける秘訣は、マメな連絡。ただし、束縛は厳禁!

さらに、遠距離恋愛をうまく続けていく上で、気をつけたいと思うことや、実際にうまくいったエピソードについても聞いてみました。

・「ちょっとした連絡を怠らない。繁忙期は連絡が取りにくいことあるが、近況報告を怠らずにいれば、連絡が取りにくくなったときも不安にならずに済むと思う」(男性/29歳/小売店)

・「奈良と埼玉で4ヶ月間の遠距離経験があります。基本的に毎日電話をしていました。短い時間でも話をすることで、離れている感覚があまりなかった」(女性/27歳/食品・飲料)

・「普段は毎日1回電話をし、デートするときは別れ際に次会う日を決める。何月何日に会えると分かっていると、それを楽しみに毎日の仕事や生活を頑張ることができ、うまくいった」(女性/31歳/情報・IT)

・「連絡をとれるときはとるけど、あまりしつこくなるとお互いに嫌になってくるので、適度にとり合うことが重要だと思う」(女性/29歳/金属・鉄鋼・化学)

続けるための工夫としては、やはりマメな連絡を挙げた人が多数でした。イマドキの遠距離恋愛らしく、連絡手段には、LINEやSkype、SNSなどを利用するという声が上がりました。

ただし、そうしたツールやメールで連絡がとりやすい分、束縛につながりやすいという盲点もあるよう。相手の負担にならないよう、適度に連絡をとり合うのが秘訣という意見もありました。

インターネットやメールがなかったころに比べると、恋人が転勤になっても、遠距離恋愛を選択しやすい現代。とは言え、交際を続けるには工夫が必要ですし、お互いに多少の負担がかかるのも事実です。転勤を機に、潔く別れた方がお互いのためになる場合もあるかもしれません。もちろん逆に、距離ができたことで絆が深まることもあるでしょう。「この人しかいない!」と心に決めている場合は、転勤を結婚につなげるチャンスと前向きに考えることもできますね。もし恋人に転勤の辞令が出たら、あなたはどんな行動をとりますか?

文・高倉 都(エフスタイル)

調査時期 : 2013年8月14日〜8月16日

調査対象 : マイナビニュース会員の独身男女

調査対象数 : 500名

調査方法 : 回答者限定ログイン式アンケート