旅するショップ「ストップオーバー・トーキョー」が南青山に レストランやアトリエ併設

写真拡大

 南青山に、「旅」がコンセプトの複合ショップ「stopover tokyo(ストップオーバー・トーキョー)」が9月2日に本格オープンする。これに先駆けて8月29日、コンセプトショップやカフェレストランが入る店内を公開。衣料品製造・卸を行う有限会社ワシヲが運営する同店は、デザイナー鷲尾昭典のアトリエとしても機能していくという。

南青山に旅がコンセプトの複合ショップの画像を拡大

 ワシヲは2001年の設立からこれまで自社ブランドの卸を中心に事業展開してきたが、新たなアプローチとして、ブランドの世界観を直接消費者に届けるために約8年の構想を経て「stopover tokyo」のオープンを決めたという。「stopover tokyo」の広さは約150平方メートルで、地上1階から2階まで2フロア構成。1階にカフェレストラン「stopover tokyo lounge(ストップオーバー・トーキョー・ラウンジ)」、2階にコンセプトショップ「stopover tokyo library(ストップオーバー・トーキョー・ライブラリー)」とワシヲの新ヘッド・オフィス「stopover tokyo office(ストップオーバー・トーキョー・オフィス)」を開設する。

 「stopover tokyo library」には、ユニセックスライン「stopover」やウィメンズのドレスライン「washiwo(ワシヲ)」、トラベル雑貨「stopover airlines(ストップオーバー・トーキョー・エアラインズ)」といった自社ブランドがそろう他、キャンドルやソックスなど旅をテーマに買い付けたアイテムも販売する。また、鷲尾昭典が集めた2,000冊以上の本や雑誌が並ぶライブラリーも設置され、店内で自由に閲覧することができるという。無国籍料理を提供する「stopover tokyo lounge」は、鷲尾の長年の知人である新宮彰がマスターシェフに就任。青山の「CAY(カイ)」や「タヒチ」といったタイ料理店を立ち上げてきた新宮が、鷲尾とともに「美味しければいいじゃない」をキーワードにタイ料理やフレンチ、メキシカンといった様々なテイストのフードやドリンクをそろえる。席数は約40席。平日のランチ価格は1,000〜1,500円で、ディナーの想定客単価は4,000円前後。土曜日には、機内食をイメージした「エアラインブランチ」を特別に用意する。

■stopover tokyo
 住所:東京都南青山3-8-14 パーク青山103号
 営業時間:
 stopover tokyo lounge 12:00〜24:00 日曜定休
 stopover tokyo library 13:00〜20:00 日曜定休
 stopover tokyo office 10:00〜19:00 土・日曜定休
 TEL:03-3478-1091
 ※通常営業は2013年9月2日(月)から
 http://www.stopover.jp/