ユニクロがドイツ進出 2014年春に欧州最大グローバル旗艦店オープン

写真拡大

 ユニクロが8月29日、ドイツ初の店舗をを2014年春にベルリンに出店すると発表した。現在欧州で3か国合計15店舗を展開しているユニクロだが、新店舗「ユニクロ タウエンツィーンストラース店(仮称)」の売場面積は約2,645平方メートルと欧州エリア最大。グローバル旗艦店と位置づけ、ユニクロブランドの認知向上を図る。

ユニクロのドイツ1号店の画像を拡大

 欧州でユニクロは、海外初の店舗として2001年にイギリス・ロンドンに出店(現在は閉店)。2003年に事業方針の転換を図り店舗網を縮小したが、2007年にフランス・パリ、2010年にロシア・モスクワに進出し、今回のドイツは4カ国目。欧州市場での基盤を築く上で最も有望な市場と考え出店に至ったという。

 「ユニクロ タウエンツィーンストラース店(仮称)」は、ドイツの首都ベルリンでも数多くのファッションブランドが立ち並ぶタウエンツィーンストラース地区に位置し、店内は地下1階から地上2階の3フロアで構成。ユニクロでは今後も引き続き、スペイン・バルセロナやイタリア・ミラノなどの欧州主要都市に出店を検討しているという。

■ユニクロ タウエンツィーンストラース店 (仮称) 
 住所:Tauentzienstrasse 7, 10789 Berlin

※2014年春オープン予定