クロスカンパニーの新業態「ラトリエ フネートル」代官山の1号店公開

写真拡大

 代官山にオープンするクロスカンパニーの新業態「L'ATELIER FENETRE(ラトリエ フネートル)」の店内が、8月29日に初公開された。「L'ATELIER FENETRE」は、国内で流通が少ないインポートブランドなどを取り扱う大人の女性のためのセレクトショップ。オープンから3年以内で関東を中心に3店舗、売上5億円を目指すという。

新業態「ラトリエ フネートル」店内公開の画像を拡大

 クロスカンパニーは、世界のデザイナーズブランドを提供する「Kiwasylphy(キワシルフィー)」や、郊外型SCに販路を広げる「Green Parks(グリーンパークス)」といった複数のセレクト業態を展開している。今回、主力の「earth music&ecology(アース ミュージック&エコロジー)」や「E hyphen world gallery (イーハイフンワールドギャラリー)」とは異なる層の取り込みを狙い、新たなセレクト業態として「L'ATELIER FENETRE」をスタート。「L'ATELIER FENETRE」事業部は港区の本部から独立し、代官山店の地下に設けた。

 「L'ATELIER FENETRE」は20代後半〜30代の女性をターゲットに、「フェミニン・モード」をテーマに掲げて「カジュアルとエレガントをミックスした新しいモードスタイルを提案する」(クロスカンパニー 広報担当者)という。初の店舗となる代官山店は「MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)」が入る代官山プラザビルの2階に出店し、窓を最大限に活かした店舗デザインでテラスには多数のグリーンを設置。内装にはコンクリートや大理石など複数の素材を取り入れて、ハイブリッドなイメージを演出する。ショップ名と同名のオリジナルブランド「L'ATELIER FENETRE」をはじめ、イタリアの「HACHE(アッシュ)」やフランスのシューズブランド「MICHEL VIVIEN(ミシェル ヴィヴィアン)」いった国内外で買い付けたインポートアイテムをそろえ、想定客単価は2〜2万5,000円。オリジナルとインポート・その他のアイテム構成比はおよそ7:3で、アパレルと雑貨(靴やバッグ、アクセサリー)は8:2の割合で展開する。オープンは8月31日。


■クロスカンパニー 新業態のセレクトショップを代官山に出店
 http://www.fashionsnap.com/news/2013-08-26/latelierfenetre/

■L’ATELIER FENETRE 代官山店
 住所:東京都渋谷区猿楽町24-7 代官山プラザ 2F
 営業時間:11:00〜20:00 ※不定休
 TEL:03-5428-3866
 http://www.latelierfenetre.jp/