ビームスが雑貨の小型店「プラネッツ」を新宿駅ナカにオープン 文化的発信の場に

写真拡大

 ビームスの各展開レーベルから厳選したタイムリーな雑貨を扱う新業態「BEAMS Planets(ビームス プラネッツ)」の初店舗が、ルミネエスト新宿B1階のJR券売機横にオープンした。初日の8月29日には、同日発売された合コン専用トート「godo company TOTE BAG」をプロデュースしたお笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也とともにビームスの設楽洋代表が来店。ビームスの文化的な側面を発信する場として今後も通行量の多い場所に出店し、ニュース性がある商品にフィーチャーしていくという。

ビームス雑貨の新業態ショップ公開の画像を拡大

 「BEAMS Planets」は、ビームスならでの選択眼でセレクトした「今おもしろいもの」をストーリーとともに発信するショップ。新しいものやインテリジェンスの高いアイテムが好きな人をターゲットに、一定期間ごとにフィーチャーするトピックスを変える展開が特徴。初めての店舗として、8月29日から11月10日までの期間限定で新宿に出店した。

 新業態名の由来を「一つ一つのコンテンツを集めて打ち出していくことから、惑星をイメージしてプラネッツと名付けた」という設楽代表は、6.5坪の店から始まったビームスの歴史を踏まえ「一番最初にビームスがやっていたことに立ち返った。大型店の展開が増えて一つ一つの商品がぼやける部分があったが、もう一度小さいかたちで一つ一つの商品を表現していく。新規顧客の獲得はもちろん、ビームスを知っている人にも各レーベルの魅力を再認識してもらえれば」とコメント。今回は「幅広い層の人が集まる場所。実験するには良い場所」という理由から新宿駅ナカに出店したが、今後は空港や高速道路のサービスエリアといった都心部に限らず地方にも出店し、その場所に応じた店舗形態で展開していくという。店舗編集は「B印 YOSHIDA」のディレクター種市暁が手がけており、今回は成田空港で展開している「B印 YOSHIDA」の店舗から得た経験をもとに「忙しくて時間がないがモノは好きという大人の男性が立ち寄れるショップ」(種市暁)をイメージ。今後は、「靴などある特定のものにフィーチャーした見せ方もやっていきたい」と話した。

 オープン初日のショップでは、設楽代表と共に「カラテカ」の入江慎也が取材に応じ、「godo company TOTE BAG」について説明。「合コン7つ道具が入るようにポケットを多く設けた点が特徴で、ポケット内部の秘密のメッセージは設楽代表のアイデアです。周りからすごく好評で、飲み会でポケットからウコンを差し出したときにはウケました。話題を生むきっかけに使ってもらえたら」と、自らの体験談を交えてアピールした。


■ビームス新業態が新宿駅ナカにオープン「合コントート」など旬な雑貨展開
 http://www.fashionsnap.com/news/2013-08-28/beams-plants/